中国のコロナウィルス(COVID-19)がもたらしている世界の状況。今後、いったい誰が損して誰が得をするのだろう?

2020年3月1日
噂の真実・疑惑
advertisement

どうしてコロナウィルスは発生したのか?

またしても中国から発生した感染力の高いウィルスはいったいどのように生まれたものなのか?

1月末、インド・デリー大学とインド理工学院に所属する研究者たちがまとめた「新型コロナウイルスにエイズウイルスと不自然な類似点がある」とする論文が物議をかもした。さらにこの研究者たちは「このウイルスが自然発生することは考えられない」とした。

女性セブン2020年3月5日号

今回の「c2019-nCoV」はSARSコロナウイルスと同様、コウモリがおおもとと考えられています。コウモリから直接ヒトに感染する可能性もありますが、SARSはハクビシン、MERSはラクダなどに仲介されており、今回も仲介動物がいると予測されています。コウモリのウイルスが、コウモリ以外の動物に感染したことで病気を引き起こす能力を新たに得たのか、もともとウイルスが持っていた遺伝子でヒトにのみ病気を引き起こすものがあったのか、病原性の由来についてはよくわかっていません。

厚生労働省

世界的には後者の原因が有力だと思われているが、人工的に作られたという説に武漢の研究所がムキになって反論するあたりがとても気になる、ただ生物兵器とは言い難い致死力からするに研究施設から漏れてしまったというところなのだろうか?

新型コロナウイルスの感染者が中国国内の刑務所で500人以上確認された/STR/AFP/Getty Images

世界的に与えた影響

現状、世界的に起きている事はなんだろう?

  • 世界で感染者数は50ヵ国以上8万5000人を超える
  • 高齢者を中心に2900人以上が死亡
  • 各地イベントの中止
  • 子供たちの臨時休校
  • 飲食店を中心に店舗などの売上減

中国を筆頭に日本、韓国、イラン、イタリアで感染者が増加しつづけ、WHOも最高レベルの「非常に高い」に引き上げた。
ヨーロッパでも増えつつあり、アメリカではインフルエンザと両方でさらに混乱を招く可能性が高い。
肺炎を引き起こす事で高齢者での死亡率が高く今後も多くの高齢者がなくなるだろう。

イベント中止、臨時休校などの影響で経済でも大きく影響がありとりわけ飲食店では倒産の危機にあるお店も少なくないと聞く。
日本の印象も悪化、観光客の激減、さらにはオリンピックへの影響と都市部での経済にも影響は大きいだろう。

今後の影響と収束の予想

今後の影響として予測できるいくつかをあげると

高齢者の減少

中国はもちろん日本も抱えている世界的な高齢者増加において、高齢者は減少するという事になる。

経済の影響

大小はあるが景気においては大きく落ち込み、巷ではリーマンショック並との声もでている金利の引き下げ、地下・不動産の値下がり、さらなるデフレからインフレへ

収束の予想時期は?

中国国内における新型コロナウイルスの流行は2月にピークを迎え、4月ごろに終息する可能性があると予想。

感染症研究の第一人者で中国政府の専門家チームを率いる鐘南山氏:ロイターのインタビュー

米国のトランプ大統領は10日、気温が上がる4月には新型コロナウイルス感染の拡大が収束するとの見通しを示した。

米CNBCは11日、米ジョンズ・ホプキンズ大の調査

多くの専門家は、暖かくなってウイルスがどんな動きをみせるかを予測するのは時期尚早とみている。

文=Sarah Gibbens/訳=ルーバー荒井ハンナ

現状では4月には収束するのではという情報が多いように感じる、暖かくなってということなのだろう。
ただ以下のようなSARSのような例もあり、一部の研究者たちは慎重な姿勢をみせている。

参考になりそうなのが、遺伝子を 80 %共有するSARSの先例です。2002 年 11 月 16 日の中国の症例に始まり、台湾の症例を最後に 2003 年 7 月 5 日にWHOが終息宣言しました。流行期間は約 170 日間でした。

新型コロナウイルスはなぜ発生したのか、いつ収まるのか『感染症の世界史』著者、石弘之:インタビュー

誰が損をして、誰が得をするのか?

高齢者の減少という影響だけをみると、世界的に特に中国、日本によってはじつは悪くはないという事になる事はとても怖い側面がある。
経済的にも中国、韓国、日本に与える影響はとても大きく、これから事業を拡大しようとしていた企業や中国、日本、韓国は大きな損をする事になるだろう。
株・不動産などにおいても値下がったのちに買収など起きるのでないか、もしコロナが起きる事を知っていた人間たちがいたとしたら2020年の後期には莫大な利益得る事になるのではないだろうか?

もし世界が大きな流れの中にあるとして、このコロナウイルスも人為的な計画の中にあるとしたら、2021年以降に利益を得ている人たちに注目したいものだ。